【Business】デジタルツインについて

にほんブログ村 経営ブログ ものづくり・製造へ
https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

デジタルツインとは、直訳すると「デジタルの双子」です。
よく「工場のデジタルツインを構築する」話を聞く機会がありますが、まさに実際の工場と同じものをデジタルで作ってしまうことをいいます。

i-Common ビジネスコラム
「製造業のシミュレーション技術”デジタルツイン”のインパクト」
https://i-common.jp/column/corporation/digital_twin/

Photo by Pixabay on Pexels.com
にほんブログ村 経営ブログへ

ドイツ企業であるSIEMENS社のサイトには下記のように書かれています。

「デジタル・ツインは、製品またはプロセスの正確な仮想表現であり、製品またはプロセスの物理的なカウンターパートのパフォーマンスをバーチャルに検証する際に使用します。 デジタル・ツインは、実際のプロトタイプやアセットに投資する前に、製品ライフサイクルを通して、製品および生産システムをシミュレーション、予測、最適化するのに活用されます。」 

例えば製品のデジタルツインが騎亜初段階で構築・活用できれば、実際に試作を行う前に、デジタル上で様々な検証をすることができます。プロトタイプが不要にり、効果として、開発リードタイムの短縮や品質の向上が期待できます。

また、こうも書かれています。

「仮想環境内にフィードバックのクローズドループを作成して、企業が自社の製品、製造、パフォーマンスを最小のコストで継続的に最適化できるようにします。 」

製品を生産に置き換えると、生産・製造のデジタルツインでは、実際に生産ラインを構築して検証しなくても、設備や人のパフォーマンスデータ(品種別の処理時間や停止時間など)を元に、プロセス・シミュレーションを行うことができます。

生産シミュレーションは従来から実現している技術ですが、近年はさらにリアルタイム性を追求して、シミュレーションサイクルを短サイクル化してスケジューリングに反映させたり、設備や治工具のトラブルをより正確に予知保全・予防保全したりすることが現実的になっています。生産の最適化が可能になるのが生産・製造のデジタルツインであるといえるでしょう。



投稿者: Kenichi Sato

札幌育ち、横浜在住のベイスターズファン 関西にも頻繁に出没します。 まだまだ世のため人のために働いて楽しい人生を送ろうと思っています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。